始まりはいつも突然に

こちらのサイトにて、思うところある場合は書いていきます。 小生、長きに渡って、勤め人でありましたが、事情により退職とあいなりました。一部上場会社におったのですが、もはやこれまでということであります。東証一部上場企業に勤務などと人にいいますと、多くの方が、「辞めてしまってもったいない」と言われますが、所詮は雇われ人の身であります。自分で立ち上げた会社の社長ならいざ知らず、どんなに一部上場会社の部長や役員と言ったところで、やはり雇われ人にすぎないのですから、どうってことはありません。そんな会社などは所詮自分のものでもなんにもないので、いずれは首となって定年後どうしようか、ということになるだけです。

さて、今は起業中の身なのですが、だいぶ気が楽です。では、次回。